きみの知らないぼくのはなし

たまに詩とか脚本とか書いてます。@poem_bot_myok
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 独り言。
CATEGORY ≫ 独り言。
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

無題

最近本当に何も書いて(描いて)いないせいで、本当に何も書けなく(描けなく)なりました。

それでも、脚本の方は定期的に上演依頼をいただいております。
最近は学園祭シーズンなので少し多めでうれしいです。

書きたいと思うことはなんとなく頭のうちにありますが、それを文字化する能力が極端に衰えました。

発する側の人間になることを諦めたわけではありません。
このブログを閉じないのも、まだ諦めたくないからです。
才能が無いことなんてわかってるけれど、それでも、見ず知らずの人に自分の言葉が届く快感は、一度味わったら忘れられない。

何かを書いてみようと思います。
うまくいくのかわからないけど。

だからここはまだ閉じません。
スポンサーサイト
独り言。 | Comments(0) | Trackbacks(-)

no title

こんなにずっと一緒にいるのに
全然君が足りなくて
君の時間全部を共有したい
独り言。 | Comments(0) | Trackbacks(-)

no title

知らない街を歩く。

知らない道。
知らない建物。
知らない人。
知らない空。

僕は知らない風景の一部。
雑多な人波の破片。
きっと紛れ込んでいる。
僕は所詮人並み。

このまま知らない世界に取り込まれて
僕も僕の知らない人になるのだろうか。

そうなる前に
僕が僕であるうちに

僕を見つけて。
独り言。 | Comments(0) | Trackbacks(-)

no title

大事にするっていうきみの言葉を
どこまで信じていいのかわからなくて

大事にしたいっていうぼくの言葉も
いつまで真実でいられるかわからなくて
独り言。 | Comments(0) | Trackbacks(-)

no title

「何か質問はありますか」

「あなたが人を好きになる基準を教えてください」
独り言。 | Comments(0) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。