きみの知らないぼくのはなし

たまに詩とか脚本とか書いてます。@poem_bot_myok
2008年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2008年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2008年09月
ARCHIVE ≫ 2008年09月
      

≪ 前月 |  2008年09月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

花占い

あたしだって 乙女だから
あなたの気持ち 知りたくなるよ
だけど訊く勇気はないから
神様に頼ってみたりして

足元に咲く可愛らしい花
手を伸ばして摘んでみる

すき きらい すき
人差し指で千切るピンク色
きらい すき きらい

飛ばしちゃえ 最後の一枚

あたしだって 人間だから
無視されたら 哀しくなるよ
だけど何も言えないから
黙って笑って流すだけ

沈んだ気持ちで下を見たら
溜まった涙が零れたよ

幸せ 辛い 幸せ
交互に訪れる感情
辛い 辛い 辛い?
一本
付け足して「幸せ」にしちゃえ

本当は解ってるくせに 今日もまた気付かないフリ
いつまで続けるつもり? どこまでも限りないサイクル
動こうとしなければダメだって言われても
怖いものは怖いから やっぱりあたしは花占い

目の前に立つ 影がひとつ
声を出して 追いかけてみる

すき きらい すき
花びらの数は決まってるのにね
きらい すき きらい
駄目だ
今のままじゃ変われない

すき きらい すき
人差し指で千切るピンク色
きらい すき きらい

飛ばしちゃえ 最後の一枚

あぁ 何やってんだろう あたし
馬鹿だね
明日は 頑張ってみようかな
スポンサーサイト
| Comments(0) | Trackbacks(-)

その辺のお前へ

『その辺のお前へ』

自分に自信がないからって
自分を傷付ける必要ないだろ
なんだ?構ってほしいのか?
だったらそう言えばいい

過去に咲いた花見つめるのやめなよ
目の前にちゃんとあるじゃん 綺麗な花

立派に開いてんだよ
気付いてないだけで
他にないたった一つの存在
だからさ 自分で摘んだら勿体ないよ

未来に希望がないからって
人生棒に振る必要ないだろ
なんで全部壊そうとする?
お前自体が大事なのに

やっと咲いた花踏み潰すのやめなよ
比べる意味なんかないって わかれよ

立派に輝いてんだよ
気付いてないだけで
お前だけで特別な存在
いつまで逃げるんだ 向き合えよ

お前さ
いい加減気付けよ
お前のこと見てる人間が
こんなに居るって

立派に開いてんだよ
気付いてないだけで
お前には味方が居るんだ
信じろ 無理か?ならせめて 笑え

立派に輝いてんだよ
気付いてないだけで
お前は独りじゃないから
だからさ 自分を隠したら淋しいだろ

だからさ もう一度振り向いてみなよ
| Comments(0) | Trackbacks(-)

ABC~A Boy is Chicken~

『ABC~A Boy is Chicken~』

いつだったか忘れたけど
君は僕を「ほっとけない」って言ったよね
今でもその気持ちはあるのかな
あるなら少しだけ聞いてくれ

あのさ
ええと、ごめん
やっぱ後にしとく
言えなくてごめんな

だって変わってしまう
君と僕の 距離 関係 全部
それを壊すほどの勇気を
残念! 僕は持ち合わせてないや

いつだったか覚えてるかな
僕が君を名前で呼ぶようになったのは
今でもそう呼んでいいのかな
君が許してくれるなら呼ばせてよ

あのさ
ええと、あれ?
ためらってしまう
呼びたいのになんで

たぶん変わったせいだね
僕の君に対する 気持ち 全部
それを打ち明けるほどの勇気は
残念! 僕には出せそうにないや

そうやってごまかして何になるんだよって
もう1人の僕が冷静に分析してきやがるが
お前! 恋愛に数学で習った確率があてはまると思うなよ

だから
ええと、つまり
要するに僕は
……やっぱ無理!

だって変わってしまう
君と僕の 距離 関係 全部
せっかく此処まで来たのに
そんな一言で壊せねぇよ

だって離れたくない
君の側 隣 僕の居場所
それを失うほどの勇気を
残念! 僕は持ち合わせてないや

懺悔! また今日も言えなかった
さてと メールでも送っとこうか

明日は もう少し頑張れる、はず
臆病な僕の こんな繰り返し。
| Comments(0) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。