きみの知らないぼくのはなし

たまに詩とか脚本とか書いてます。@poem_bot_myok
2009年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2009年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2009年05月
ARCHIVE ≫ 2009年05月
      

≪ 前月 |  2009年05月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

Don't take it out on me

『Don't take it out on me』

Don't take it out on me! Yeah
苦し紛れの嘘を見抜いてよ

今宵こそはと毎日のように
淡い期待を抱いていた
でも結末は今日も同じ
冷たい「無」が降り注いだ

いたいけなしるし なんて
誰が判断してるの?
綺麗ぶってる人ほど
救いようが無いのに

Don't take it out on me! Yeah
理由を聞かせてよ
黙ったままはずるいよ
Don't take it out on me! ねぇ
崩れ落ちた暗闇が
また私に手招きしてる

元気なフリでみんな騙して
ひとりになると肩を落とす
「疲れちゃったんだ」そんな弱音を
聞いてくれた君は今どこに

未来なんて関係ない
いつか、なんて考えない
今誰かと繋がってたい
ヒトリハ怖イヨ

Don't say not true to me! OK?
気を遣わないで
痛みなら耐えてみせるから
Don't say not true to me! All right?
悩ませたくもないけど
このまま消えるのは寂しいから

強がりで固めて
曖昧なまま
苦し紛れの嘘を吐こう

What do you have in your mind? ねぇ
信じることさえ
厄介に思えてくるね

Don't take it out on me! Yeah
錆び付いた傷跡に
涙が零れ落ちて底に堕ちる
スポンサーサイト
| Comments(0) | Trackbacks(-)

林檎酸香

『林檎酸香』



雨上がりの空の下
さっきの轟音が嘘のよう
水たまりに足突っ込んだ
赤いハイヒール濡れた

昼下がりの部屋の中
勝手な妄想が夢のよう
さかさまにベッドから落ちた
赤い視界が揺らぐ

流されるだけの暮らしじゃいや
このままじゃやってけないや

走れ走れ恥を知れ
ほっぺた赤く染めるがいいさ
届け届け手紙書け
あいつのとこまで行ってやれ

知りたがりの目の先
気づいたら見てるのよ
涙目で引っ張った
赤いハート滲んだ

曖昧にしとくのはいや
このままじゃ終われないや

回れ舞われ負けるもいいさ
勝負に出るのが最優先
届け届けそこどいて!
あいつに一言言わなくちゃ

何が何でも追いつきたい
息を切らして叫んだら
やっと掴んだ離さない
黒いシャツ伸びた

走れ走れ恥を知れ
ほっぺた赤く染めるがいいさ
短い息吸って吐いて
あのさ、
| Comments(0) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。