きみの知らないぼくのはなし

たまに詩とか脚本とか書いてます。@poem_bot_myok
2009年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2009年07月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2009年06月
ARCHIVE ≫ 2009年06月
      

≪ 前月 |  2009年06月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

あの日の残像

『あの日の残像』

無理矢理引っ張った あの日
ただ、手を伸ばした あの日
立ち止まったままの あの日
進んでなんかいない

残像、残像、あの日の残像
僕らの見たもの全てが残像
残像、残像、あの日の残像
消えやしない消せない記憶

君が手を離した あの日
僕が耳を塞いだ あの日
僕らがなくした あの日
もう取り戻せない

例えば僕らが1日生きたら
1日分遠ざかる
あの日以上には近づけない
追いつけやしない その日

残像、残像、あの日の残像
僕らの見たもの全てが残像
残像、残像、あの日の残像
消えやしない消せない記憶
スポンサーサイト
| Comments(0) | Trackbacks(-)

ルミネセンス

『ルミネセンス』

けだるい空気 生温い風
吸い込むには重すぎる

透明な隙間 濁った広場
進むには狭すぎる

つまりは君が
始まりを持ってるんだ

痛みも苦しみもなくしちゃえばいい
それを生み出す何かも捨てられたなら

君のせいだよ

優しい言葉 眩しい光
壊すには怖すぎる

今でも僕は
終わりを待ってるんだ

記憶も糧も消しちゃえばいい
それが行く手を阻むというのなら

僕のせいだね

破壊願望 自傷衝動 自意識過剰の人類平等
最初からなかったら
君を知らなかったら

痛みも苦しみもなくしちゃえばいい
それを生み出す何かも捨てられたなら

君のせいだよ
僕のせいだよ

気のせいだよ
| Comments(0) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。