きみの知らないぼくのはなし

たまに詩とか脚本とか書いてます。@poem_bot_myok
2009年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2009年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2009年09月
ARCHIVE ≫ 2009年09月
      

≪ 前月 |  2009年09月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

雨の日、観覧車

『雨の日、観覧車』

雨模様のデートの終盤
今日の締めは大観覧車
冷たい雫 肩にぽつり
雲行きが怪しくなる

見晴らしが良いとは言えない眼下の景色にため息

雨の日の観覧車
曇ったままのガラスの向こう
あなたと私2人の小さな世界が
回るよ観覧車
黙ったまま向かい合わせ
視線は雨の下界

地上から十数メートル
ミニチュアの日常
口を開くには重すぎる空気
何も言わなくちゃ、って
焦っても空回る私
今なに考えてるの?

雨の日の観覧車
曇ったままのガラスの向こう
あなたと私2人の小さな世界が
回るよ観覧車
閉じたままの唇を重ねて
全部解った気になる

雨の日、観覧車
スポンサーサイト
| Comments(0) | Trackbacks(-)

LOVE LETTER

『LOVE LETTER』

「久しぶりですね お元気ですか?」
他人行儀な書き出しで
緊張した面持ち 弱音吐きそうになりながら
思い出に浸る

「失くさないように」っててのひら包んだ
あの日の君にもう一度逢えたなら

好きだった君への最後の告白だから
これくらいクサいこと言わせてよ 見逃してくれ
飛び立った鳥が落としていった羽のペンで
したためよう ありったけの想いを

最近では君の声が薄れてきたんだ
最後に君と話したのはいつだっけ?
こんなに近くに居ても居てもまだ遠く感じて
唇を噛む

「このままでずっと居られたなら」
そんなのは子供じみた妄想だった

棄て去ったはずの僕らの過去が離れないから
もう少しだけ縋っていいだろ? 許してくれ
言えなくて伝わらなくて後悔した言葉を
詰め込もう これで最後にするよ

愛していた その気持ちだけは本物だから
信じてくれなくても僕が一番解ってるから

好きだった君への最後の告白だから
これくらいクサいこと言わせてよ 見逃してくれ
飛び立った鳥が落としていった羽のペンで
したためよう ありったけの想いを
| Comments(0) | Trackbacks(-)

MAKE ME ALONE

『MAKE ME ALONE』

ひとりぼっちになりたい夜
君からの1通のメール
暗闇の中で輝く携帯を
ぼんやり見つめた

面倒だから寝たふりしよう
布団をかぶった先で泣いた

手を離さないで でも今すぐ離して
目を逸らさないで だけど見つめないで
恐れているのが 自分なのか 君なのか
見つけるまでは許して 傷つけることを
MAKE ME ALONE

繋がりたい 断ち切りたい
抱きしめたい 突き放したい
守りたい 壊したい
ひとりになりたい
ひとりはこわい

手を離さないで でも今すぐ離して
目を逸らさないで だけど見つめないで
恐れているのは 自分でも 君でもなくて
人間だって気づいたから
MAKE ME ALONE
| Comments(0) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。