きみの知らないぼくのはなし

たまに詩とか脚本とか書いてます。@poem_bot_myok
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ スライトリーTOP ≫ スライトリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

スライトリー

『スライトリー』

知りもしないろくでもない世界観
語り尽くせない物語を綴りたい

少しだけ ほんの気持ち程度 手軽に

ページをめくったら 余白に君の落書き
思い出し笑い マスクの下 口角が下がらない
君を笑わせる為に 鉛筆を手に取った
薄っぺらい僕のストーリー ルーズリーフに書き連ねて

強がりな君は逆上がり出来ない
涙をこらえてまた一つ壁を越えて

少しだけ ほんの気持ち程度 手軽に

ノートをめくったら 隅っこに僕の呟き
耳が赤くなる 消しゴムで残らず消した
君の斜め後ろで 鉛筆を手に取った
変わらない僕のストーリー ルーズリーフを裏返して

すきま風 少し肌寒い 背後に
縮む距離 君の肌触り 最後に

ページをめくったら 余白に君の落書き
思い出し笑い マスクの下 口角が下がらない
君を笑わせる為に 鉛筆を手に取った
薄っぺらい僕のストーリー ルーズリーフに書き連ねて



スポンサーサイト
| Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。